私の生活日記とかです。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
2008/08/02 Sat 05:39
 ニンテンドーDSなどのゲームソフトのコピーをネットでダウンドロードすると、無料で遊べてしまう「マジックコンピューター(マジコン)」と呼ばれる機器が一部で出回っている。任天堂など54社が29日、マジコンの販売店5社を相手取り、不正競争防止法違反で輸入・販売行為の差し止めを求め提訴したが、そこには著作権法の“落とし穴”があった。
 マジコンは、DSソフトから取り出したプログラムデータの入ったマイクロSDを差し込むと、DSのカートリッジとして使えるカード型の機器で、ネットショップや秋葉原の電気店などで5000円前後で手に入る。関係者によると「一番有名なマジコンだけで10万台以上は堅い。だが実数はそれ以上」という。
 ソフトは、中国語や英語で書かれた海外サイトで、無料で手に入る。データは、日本で発売されて、数日もたたないうちにアップされる。大手メーカー社員は「感心するほど早い」と苦笑するほどだ。
 ソフトの違法コピーなどを守るのは著作権法があるが、マジコンの場合、ソフトはネットで無料配信されており、ユーザーが自身でソフトを入手しているため、それを動かすだけのマジコンの販売が著作権法に抵触するかは微妙という。そのため、不正競争防止法違反での提訴となった。
 コピーガードをはずして、プログラムデータをネットで配布することはもちろん違法だが、海外サイトのため、実質的な手が打てないのが実情。コピーガードの対策を取っているソフトも出ているが、すぐに突破される“いたちごっこ”だという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080801-00000027-maiall-game
 コピーガード除去器のように名称を変えて販売するかもね。
スポンサーサイト

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://30dainodokusinn.blog109.fc2.com/tb.php/881-ccd4e9ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 30代の独身ブログ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。