私の生活日記とかです。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
2008/08/26 Tue 19:28
 ZERO1-MAXの大森隆男が8月末日をもってZERO1-MAXを退団し、一時休業することを表明。26日、都内で会見を行った。
 ZERO1の大谷晋二郎社長とともに会見に臨んだ大森は「プロレス界を引退したり、移籍するわけではない」と前置きした上で、決断に至った理由について「一身上の都合。考えた時期は割と最近。発表に至るまでの段階について僕が言えることはない」と、その核心部分については固く口を閉ざした。
 今後は「プロレスが嫌いになったわけではないが、外からマット界を見るのも悪くない」としばらくプロレスから距離を置く方向で、復帰の時期については「無期限というと永久に戻ってこないみたいになっちゃうけど、先のことはあまり考えてない」と明言を避けた。
 大森から相談を受けて以来、中村祥之FOS社長、沖田リングアナウンサーも交えて何度も話し合いの場を持ったという大谷は「お互いが納得しての発表。イヤな思いはない」と円満退社であることを強調した上で、「この業界にいればまた会うこともあると思う。1人の男として、ライバルとして、切磋琢磨していきたい」と大森にエールを送った。
 大森と同世代の中村社長は、大森の決断に理解を示した上で、「明るく送り出してやりたい」と、大森の新たな旅立ちを祝福した。
 ZERO1ラストマッチとなる29日の後楽園ホールでは、「アックス軍対ソード軍最終戦」として、大森、KAMIKAZE、藤田ミノル組でソード軍の田中将斗、崔領二、高岩竜一組と6人タッグで激突。アックス軍のリーダーである大森の退団により軍団対抗戦も終結となることから、この試合がまさにZERO1最後の大一番となる。
 翌30日には「PREMIUM」後楽園大会で蝶野正洋とシングルマッチで激突。これまで全日本プロレス、プロレスリング・ノア、WJプロレスなどを渡り歩き、3大メジャー団体のタッグ王座(IWGPタッグ、世界タッグ、GHCタッグ)を制覇。日本人3人目となるAWAヘビー級王座を巻いた“ワイルドハート”の雄姿はこの試合を最後にしばらく見納めとなりそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080826-00000011-spnavi-fight
スポンサーサイト

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://30dainodokusinn.blog109.fc2.com/tb.php/926-75dd3817
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 30代の独身ブログ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。